6月発毛モニター残りあと2名様受付中!

発毛

発毛メソセラピーとは?メリットやデメリット、一般的な治療との違いをご紹介!

発毛メソセラピーとは?メリットやデメリット、一般的な治療との違いをご紹介

こんにちは!

名古屋市緑区の発毛サロンDr.FAGAです。

本日は発毛メソセラピーについてお話していこうと思います。

聞いた事が無い方もいらっしゃると思いますが、簡単に言うと薄毛治療の為に頭皮に打つ注射の事をいいます。

一般的な薄毛治療との違いなども併せて紹介していこうと思います。

是非最後までご購読ください!

発毛メソセラピーとは?

発毛メソセラピーとは成長期移行シグナルや増殖シグナルの頭皮への注射による発毛治療の事をいいます。

AGA治療では、内服薬や外服薬などで内服治療をメインで行うのが一般的です。

治療開始後半年程度で薬の効果を実感出来るようになりますが、「そんなに待てない早く発毛させたい」という方もたくさんいらっしゃいます。

そんな方の夢を叶える為に誕生したのが、「発毛メソセラピー」といいます。

発毛メソセラピーは内服薬を補助的に使い、発毛効果が実感出来るまでの期間を短縮させます。

「内服薬のみ」よりも早く発毛を実感する事が出来ます。

また持病で、内服治療が受けられないという方にもオススメの治療法です。

メソセラピーは頭皮に直接有効成分を注入するので、即効性はありますが、持続性という面では弱いです。

これは内服治療とは真逆のメリットでもあり、デメリットにもなります。

そして、効果には個人差がありますので、決して誇大広告には騙されないようにお気をつけください。

発毛メソセラピーの成分

薄毛は、遺伝やストレス、不規則な生活などにより、頭皮の環境が悪くなってしまい起こる病気です。

頭皮環境の悪化とは、髪の成長因子が正常に働かなくなるだけではなく、成長因子そのものの減少にも繋がってしまいます。

発毛メソセラピーでは、薄毛で不足してしまいがちな髪の成長因子や発毛をサポートする栄養素を直接頭皮に注入します。

これによって乱れたヘアスタイルを正常化させ、発毛に適した頭皮環境に整えます。

ブレンドする成分はクリニックによって異なります。

発毛メソセラピーで使用する薬液の成分は、大きく3つの種類に分類されます。

①内服治療と同じ成分(ミノキシジルなど)

②成長因子(インスリン構成長因子や繊維芽細胞成長因子など)

③栄養素(亜鉛やミネラルなど)

一般的AGA治療との違い

一般的なクリニックで実施されている薄毛治療の基本は、飲み薬を飲んで薄毛因子を遮断する処方薬による治療です。

医師判断のうえで有効だと思われお薬を配合し、日々服用していくスタイルの治療方法になります。

処方薬としては、大きく分けて薄毛因子の発生を抑える薬と発毛力を強くする薬の2種類があります。

この2種類の薬を併せて服用するスタイルが一般的です。

まとめ

本日は、発毛メソセラピーについて詳しく説明させていただきました。

発毛メソセラピーに関しては、発毛を実感出来るのが早いというメリットもありますが、デメリットもあります。

持続性が弱い発毛メソセラピーは長い期間続けていく必要があります。

長く続けていくには、かなりの費用がかかってきます。

ご自分のお財布と相談をしながら、ご自分に合った治療法を選びましょう。

薄毛に少しでもお困りの方は、一度最寄りのクリニックに訪ねてみると良いと思います。

名古屋市緑区の発毛サロンDr.FAGA

名古屋市緑区のDr.FAGAは、薬を使わない東洋と西洋医学の間を取り、サステナブルな療法にこだわった発毛サロンになります。

費用も発毛業界の1/5という低価格を実現しております。

全額返金保証も取り入れており、発毛出来なかった際の心配も不要です。

少しでも気になる方いらっしゃいましたら、お問い合わせお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記コラム