6月発毛モニター残りあと2名様受付中!

発毛

抜け毛、薄毛になる5つ原因、習慣について詳しくご説明します。

抜け毛、薄毛になる5つ原因、習慣について詳しくご説明します。

こんにちは!

名古屋市緑区の発毛サロンDr.FAGAです。

本日は髪の毛が抜けて、薄毛になってしまう原因について詳しくお話していこうと思います。

原因がわかれば、薄毛予防の対策も練りやすくなります。それでは詳しくお話していこうと思います。

5つの抜け毛・薄毛の原因

抜け毛の原因に関して、大きく5個に分けてお話していこうと思います。

抜け毛の原因は

1.頭皮の汚れ
2.頭皮の肌荒れ
3.血行障害
4.薬害による脱毛
5.皮下組織の損傷

に分けられます。(禿頭病などの特殊なケースは除く)

各種の原因について詳しくお話していこうと思います。

抜け毛、薄毛の原因① 頭皮の汚れ

頭皮が汚れてしまう原因としては以下の4つがございます。

①シャンプー回数の不足。
②シャンプーの洗い残し。
③洗浄力の強いシャンプーを使用して過度の洗髪によって引き起こされた皮脂の過剰分泌。
④乾燥用などの洗浄力の弱いシャンプーの使用など。

洗髪不足や、抜け毛が怖いから頭皮を撫でるように洗う、髪の毛だけ洗うという間違った洗髪方法によって、頭皮に酸化皮脂が残ってしまった結果、脱毛症になってしまいます。

逆に洗いすぎも危険です。皮脂汚れを徹底的に洗い落とすなどの洗浄力の強いシャンプーを使用しての過度な洗髪も脱毛症の原因となってしまいます。

なぜなら、過度な洗髪でかえって皮脂分泌が盛んになってしまうからです。

私たちの髪1本1本の毛穴にある皮脂腺は、皮脂を分泌します。皮脂は分泌されると、感染から分泌される水分と混ざり、髪と頭皮を乾燥から守る為に皮脂膜を作ります。

皮脂膜は空気にさらされると、酸化して髪と頭皮を保護する機能を失い、汚れとなります。この汚れが放置されるとフケとなります。

すると、頭皮からの毛母細胞への酸素補給が不足し、毛母細胞は次第に弱ってゆき、髪が細くなり、抜け落ちてしまう。

抜け毛、薄毛の原因② 頭皮の肌荒れ

①皮脂汚れを徹底的に洗い落とすなどの洗浄力の強いシャンプーの使用
②乾燥肌用・敏感肌用などの洗浄力の弱いシャンプーの使用
③シャンプー回数が多いなど

洗浄力の強いシャンプーや弱いシャンプーを使い続けると、どちらの場合も皮脂分泌のコントロールが効かなくなってしまいます。その結果髪が次第に細かくなりやがて脱毛に至ってしまいます。

洗浄力の強いシャンプーを使用して1日何度も長時間頭皮を洗い続けるなども危険です。

シャンプーを頭皮に塗りつけて長時間こすり洗うと、時には頭皮表面の角質まで洗い落としてしまい、角化異常を引き起こしてしまう可能性があります。

抜け毛、薄毛の原因③ 血行障害

①急性ストレス(円形脱毛症、産後の脱毛症)
②慢性ストレス

血行障害による脱毛症は、急性ストレス性脱毛と慢性ストレス性脱毛で分けられます。

急性と慢性では脱毛に至る過程と育毛完了までのプロセスが大きく違うので、今回は分けて紹介します。

急性ストレスー円形脱毛症

急激で強いストレスを受けると毛細血管に絡まっている神経が強く収縮してしまって、毛根から離れてしまう事があります。

一度離れた血管はストレスが経験されても元の毛根に繋がる事は無いので、その部分の髪の毛は、毛乳頭に蓄えられた栄養素がなくなると脱毛してしまいます。

円形に脱毛する事が多いので、円形脱毛と呼ばれています。

強いストレスがあり、脱毛するまでの期間が長いので、ほとんどの場合がストレスという認識がないです。

円形脱毛症は本人にストレスを受けたという自覚が無い場合が多いが、相当強いストレスを受けているという事を周りに知らせる信号でもあります。

慢性ストレス性脱毛症

慢性ストレス性脱毛は日々の生活の中で神経の緊張がもとで毛細血管が細くなり、毛根への十分な栄養供給ができないために起こります。

私たちの体の中の血管には交感神経、副交感神経が絡まっていて、ストレスを受けると、この神経が収縮します。強いストレスを受けて胃が痛むのはこの為です。

髪の場合は、神経の収縮で毛細血管の血流が阻害され、毛根への栄養供給が不足して、次第に細くなりやがて脱毛に繋がってしまいます。これが慢性ストレス性脱毛症になります。

この場合のストレスによる血管の収縮は年齢に関係はありません。そして慢性ストレスがもたらす脱毛症は、進行はゆるやかですが、本人の体質や生活環境などと密接な関連があって、回復までの時間が予測できないです。

抜け毛、薄毛の原因④ 薬害による脱毛

薬害による脱毛は近年非常に多くなってきております。

薬害による5つのタイプ

①病などで、痛み止めなどの常用薬が手放せない。
②皮膚炎などで、塗り薬を使用している。
③サプリメントや健康食品を常用している。
④湿布を使用する機会がある。
⑤睡眠導入剤などを飲用している。

習慣的に薬剤や健康食品などを飲み続けた方の頭皮下には、驚くほど多量の不純物が集積がされています。

これらの不純物は、本来なら、成長する髪の毛と共に体外へ排泄されますが、集積される量が排泄機能を上回ると、頭皮下に蓄積されてしまい、抜け毛に繋がります。

抜け毛、薄毛の原因⑤ 皮下組織の損傷

①頭皮を叩く。
②高周波などの電気をあてる。
③育毛剤浸透器具などを使用する。

このような間違った育毛法を行うと、表皮と頭蓋骨の間にあるさまざまな皮下組織が損傷してしまい、脱毛に繋がってしまいます。

まとめ

本日は抜け毛、薄毛の原因について詳しくお話してきました。

当たり前の用にやっている事が、抜け毛に繋がってしまう場合も多いようですね。

少しでも思い当たる節があれば、最寄りのクリニックに行ってみると良いでしょう。

悩みがストレスに繋がり、抜け毛がひどくなる事もあります。

抱え込まずすぐに相談しましょう。

異常名古屋市緑区のDr.FAGAがお伝えしましした。

名古屋市緑区のDr.FAGAは、薬を使わない東洋と西洋医学の間を取り、サステナブルな療法にこだわった発毛サロンになります。

費用も発毛業界の1/5という低価格を実現しております。

全額返金保証も取り入れており、発毛出来なかった際の心配も不要です。

少しでも気になる方いらっしゃいましたら、お問い合わせお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記コラム