8月発毛モニター残りあと2名様受付中!

発毛

フケや痒みの原因は??頭皮トラブルをやっつけろ!

フケや痒みの原因は??頭皮トラブルをやっつけろ!

こんにちは!名古屋市緑区の発毛サロンDr.FAGAです!

本日は、30代の男性が多く抱える頭皮トラブル「フケやかゆみ」についてお話していこうと思います。

フケは多くの方が抱える悩みではありますが、しっかりとした対策を行えば、改善していく事が可能です。

本日はフケやかゆみの原因や、自宅で行える対策についてお話しいこうと思います。

フケやかゆみの原因とは??

フケやかゆみの原因には、不規則な生活、睡眠不足の他に、フケ原因菌というものがあります。

フケ原因菌が増えていってしまうと、菌や菌による分解で生じた物質が刺激となり、フケや痒みが発生してしまいます。

フケの原因菌とは?

フケ原因菌とは、脂分を好み、皮脂を食べて増殖していきます。

皮脂腺が多く皮脂量が多い頭皮は、フケ原因菌が増えていく為の絶好の場所になってしまいます。

フケが多い方は、原因菌が多く、対策を行えば減りやすい傾向にあります。

フケ原因菌の多い人

フケ原因菌は皮脂の多い頭皮や、顔や胸、背中に多く存在しており、特に思春期から30代、特に男性に多く見られます。

フケの種類とは

フケは新陳代謝により、古くなった角質がはがれおちたもので、誰にでも発生します。

フケは大きく分けて2種類あります。

乾燥型

主にシャンプーのしすぎで皮脂が不足してしまい、頭皮が乾燥してしまう為に起こります。

・白いフケがパラパラ落ちる
・乾いたフケ

ベタベタ型

頭皮の皮脂分泌が多い人に発生しやすく、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

・ベタベタして湿っている
・かたまりになって落ちてくる
・頭皮に張り付く

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎とは、赤く炎症を起こし、かゆみを伴う皮膚炎です。

ひどくなれば強いかゆみで、頭皮をひっかき、かさぶたになったりもします。

初期のうちは、軽症なら湿ったフケが出るだけの事もあります。

すでにフケやかゆみがひどい場合は、アトピー性皮膚炎などの疾患が原因の可能性もあります。

対策方法

フケ原因菌の増殖を抑える「ミコナゾール硝酸塩」

「ミコナゾール硝酸塩」はフケ原因菌に対して、その増殖を抑える為の成分になります。

フケ原因菌の細胞に作用して菌の増殖を抑え、フケやかゆみを防ぎます。

最近や頭皮のカビに作用する成分は、ミコナゾール硝酸塩の他にも、ジンクピリチオン/ピロクトンオラミン/イオウ/二酸化セレンなどが菌に作用します。

シャンプー、コンディショナー選び方のポイント

・頭皮をしっかり洗う為に、適度な洗浄力があるシャンプー
・成分に注意
・刺激の少ない物

正しい頭皮ケアとは

フケを甘く見ると痛い目にあいます。

日頃からきちんとケアを行っていかなければ、脱毛に繋がる事もありますので、お気をつけください。

シャンプーのやり方

①シャンプー前に、ぬるま湯で汚れを十分に洗い流す。
②シャンプを手にとり、頭皮から髪全体に泡立てながら馴染ませる。
③マッサージをしながら洗う。
④シャンプーをしっかりと洗い流す。
⑤その後、コンディショナーを髪全体に馴染ませ、洗い流す。
⑥濡れた髪の水分をしっかり拭き取り、ドライヤーで乾かす。

ポイント
・指の腹で頭皮をやさしくマッサージしてシャンプーをまんべんなく馴染ませる。(爪を立てない)
・前頭部や頭頂部は皮脂が多いのでよく洗う。

髪を洗う回数

最低でも1日おきのシャンプー

洗髪の回数は皮脂の分泌量によって変わります。

フケが多い場合は、2日洗ってないと痒くってくる場合が多いので、少なくとも1日おきの洗髪を行いましょう。

24時間以内に皮脂量は元通りに

洗髪後24時間以内に皮脂量は洗髪前の量に戻ると言われております。

低刺激なシャンプーを使っていれば、毎日洗髪しても問題はありません。

生活習慣の見直しを

・食事は規則正しく取りましょう。
・ビタミンB群を多く含む食物をたくさんとるように心がけましょう。
・アルコールや脂っこい物の摂取もはほどほどに。
・ストレス発散を適度におこない、十分な睡眠を取りましょう。

まとめ

本日は、フケやかゆみの原因、対策について詳しくお話しさせていただきました。

フケでお悩みの方は、是非生活習慣や、シャンプーのやり方を見直してみてはいかがでしょうか?

以上、名古屋市緑区のDr.FAGAがお伝えしましした。

名古屋市緑区のDr.FAGAは、薬を使わない東洋と西洋医学の間を取り、

サステナブルな療法にこだわった発毛サロンになります。

費用も発毛業界の1/5という低価格を実現しております。

全額返金保証も取り入れており、発毛出来なかった際の心配も不要です。

少しでも気になる方いらっしゃいましたら、お問い合わせお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記コラム