12月発毛モニター残りあと2名様受付中!

発毛

よく聞くヘアサイクルって何だろう?ヘアサイクルが乱れると薄毛の原因に? 

よく聞くヘアサイクルって何だろう?ヘアサイクルが乱れると薄毛の原因に? 

薄毛が気になっていて、日々育毛に取り組んでいるけど中々成果が出ないとお困りの方は多いのではないでしょうか?

もしかしたら、その薄毛はヘアサイクルの乱れが原因かも知れません。

そこで今回は、ヘアサイクルと薄毛の関係についてご紹介していきたいと思います。

ヘアサイクルとは何か?

では、まずはヘアサイクルとは何なのか?という点について解説していきます。

ヘアサイクルというのはかんたんに説明すると

・毛が生え、成長していく
・毛の成長が止まり、抜け落ちる
・再び毛が生えてくる

という一連の流れを表したものになります。

ヘアサイクルの周期は毛1本毎に異なり、男性の場合はおよそ3~5年周期、女性の場合はおよそ4~6年周期と言われています。

ヘアサイクルには3つの段階があり、それぞれ

・成長期
・退行期
・休止期

と呼ばれています。

次はそれぞれの段階について詳しく解説していきます。

1:成長期

成長期とはその名の通り、毛が生えて伸びていく段階のことです。

毛というのは毛母細胞が分裂することで生成されていくのですが、成長期ではこの毛母細胞の活動が活発になります。そのため毛は1日におよそ0.3~0.4mmずつ成長していき、1年で約15cmほど成長します。

また、髪の毛全体の中で成長期にあたる毛の割合は約85~90%と言われており、基本的には髪の毛は常に成長していると言っていいでしょう。

2:退行期

成長期を終えた毛が次に迎えるのが退行期です。

毛は前述の毛母細胞の分裂によって成長するのですが、その毛母細胞へ発毛の指令を出したり栄養を供給しているのが毛乳頭細胞です。

退行期に入るとこの毛乳頭細胞の働きが低下していき、毛母細胞への栄養補給も少なくなっていきます。そのため徐々に毛の成長は停止していきます。

この退行期の期間は約2~3週間で、退行期を迎えている髪の毛は全体の約1%と非常に低い割合となっています。

3:休止期

休止期というのは毛乳頭細胞が縮小し、毛母細胞への発毛の指令や栄養の供給が停止して毛の成長が完全に止まってしまった状態です。

休止期の期間は約2~3ヵ月と言われており、期間が明けると毛乳頭細胞の活動が再開されて再び成長期が始まり、新しい毛が古い毛を押し出すという形で生えてきます。その結果毛が抜け落ちるということになります。

この休止期の状態の髪の毛は全体の約10~20%と言われています。

ヘアサイクルの乱れが薄毛の原因になる!?

通常、このヘアサイクルが正しく機能している場合は成長期は長く、成長期の髪の毛の方が圧倒的に割合が多いので薄毛になる心配はありません。

しかし、ヘアサイクルが乱れてしまうと成長期が短縮されてしまい、髪の毛が十分に成長しないまま退行期・休止期を迎えることになってしまいます。

ヘアサイクルは主に

・生活習慣の乱れ
・栄養不足
・ストレス

などの要因によって乱れてしまうので、薄毛を対策するにはこれらの要因に対するケアを徹底する必要があります。

ヘアサイクルを正常に保つには?

では、ヘアサイクルを正常に保つにはどうすれば良いのでしょうか?次はその点について解説していきます。

1:しっかりと栄養を摂る

正常なヘアサイクルを回すには、十分な栄養が必要不可欠です。

髪の毛は主にタンパク質を主原料として生成されているので、肉類や魚類などで意識的に摂取していくようにしましょう。

また、その他にも新陳代謝に関わるビタミンB群や、髪の主成分の1つであるケラチンの合成を助ける亜鉛なども重要です。

日頃からバランスの良い食生活を送り、十分な栄養を摂取して薄毛から脱却しましょう。

2:睡眠をしっかりと取る

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、筋肉や骨だけではなく髪の成長にも作用します。そのため、薄毛を解消するにはしっかりと睡眠を取ることが大事です。

就寝前にスマホなどを見てしまうと入眠の妨げになってしまうので、就寝時は部屋を暗くして速やかに寝るように心がけましょう。

3:適度な運動でストレスを解消

前述の通り、ストレスも薄毛の原因の1つです。

そんなストレスを解消するのに最も適しているのが運動です。運動をすることで交感神経が優位になるため思考がポジティブになりますし、精神を安定化させる作用がある脳内ホルモンであるセロトニンやエンドルフィンも分泌されます。

また、運動をすることによって血行が良くなるので、髪の毛にも栄養が行き届きやすくなります。そうした面でも運動はメリットがありますので、日頃から適度な運動を行うようにしましょう。

4:可能な限り喫煙は控える

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させてしまう作用があります。

血管が収縮してしまうと当然血行が悪くなってしまうため、頭皮に栄養が届きにくくなってしまいます。その結果毛乳頭細胞の働きも低下し、毛母細胞の分裂に問題が生じてしまって薄毛になってしまいます。

その他、血行が悪くなってしまうのは薄毛以外にも様々な面で悪影響がありますので、可能な限り喫煙は控えるようにしましょう。

最後に

以上、”よく聞くヘアサイクルって何だろう?ヘアサイクルが乱れると薄毛の原因に?”でした!

薄毛を解消するには日頃から食生活や生活習慣を見直すのが最も効果的な手段と言えます。あなたも是非、今回ご紹介した知識を活かして薄毛解消に取り組んでみてください!

最後まで見ていただきありがとうございました!

関連記コラム